ウォーターサーバー 仙台

掃除が苦手な人でも安心!ウォーターディスペンサーを楽々手入れ

近頃、楽にお掃除ができるようになるサポートツールが増えてきている印象です。有名なお掃除ロボットもそれを表すように着々と出荷台数を増やしていますね。やはりお掃除をすることはとても重要だけど、できればあまりしたくないって方が多いのでしょうか。

ウォーターディスペンサーを利用していると、同じような声を聞く事があります。お掃除はどうやるのとか、すぐカビさせてしまわないの、とかよく質問をされます。みなさん、ウォーターディスペンサーのお手入れをすることに関してはマイナスイメージが多いようです。私も利用をする前はそうでした。しかし、予想を良い意味で裏切ってくれています。とってもお手入れが楽なのです。

主に掃除をするところは意外と少なく、たったの3つです。「ウォーターボトル設置部分」「冷水・温水コック部分」「水受け皿部分」となります。ウォーターボトル設置部分は、とても重要でここが汚れてしまうとボトルの中に雑菌が入り込む危険性が出てきます。ボトルを入れ替える際に必ず掃除をすると良いでしょう。冷水・温水コック部分は、不特定多数の人が必ず触る部分です。また、コーヒーやカップラーメンなどの液体がつきやすいところでもあったりします。その為、とても汚れやすくなっているので、1日に1回を目安に掃除を行いましょう。掃除をする際には、熱水がかからないよう気をつけてくださいね。また、水受け皿もお水が溜まりやすいため、汚れてしまいやすい個所です。溜まった水が腐ってしまったり、カビが発生したりするなどの可能性も高い場所ですので、こちらも1日1回お掃除することをおすすめします。

肝心なお掃除の方法は、キッチン用アルコール洗剤をふきんにつけてふくだけで大丈夫です。手間をはぶくため、アルコールウェットペーパーを利用するのも良いでしょう。また、水受け皿は取り外しが可能な場合が多いので、取り外しをして洗剤で洗うと良いでしょう。1日に1回お手入れをすることで、頑固な汚れもつかないものとなりますので、ぜひ継続してお掃除を行いましょう。主な掃除部分3つ以外に、ウォーターディスペンサー本体をふき取る程度も行うとより良いと思われます。

また、年に一度はウォーターディスペンサーをレンタルしている水宅配会社にメンテナンスをお願いすることもおすすめします。お願いすることによって、ウォーターディスペンサー内のお掃除や機器点検をしていただけます。

このようにウォーターディスペンサーはお掃除が苦手な人にとっても、楽にお掃除ができるものとなります。お掃除面で心配な方は、レンタルを希望している水宅配会社に、掃除方法についてしっかりと確認をすると、より安心できるでしょう。

宅配水の維持費は多種多様!損なく美味しい水を飲もう

食の安全について、主婦のみなさんの意識が高まってきているなか、安全で美味しい水を安いお値段で飲みたいと思う方は増えてきていると思います。その中で、みなさんは宅配水をご利用していらっしゃいますでしょうか。宅配水といえば、ウォーターサーバーという名前で有名ですよね。ウォーターサーバーは、ガロンボトルを上部に設置し、コックを押すと冷たい水および熱水が出る事で認知されていると思います。私のまわりでは郵便局や銀行などで見かける機会が多いです。

さて、このウォーターサーバーを利用しての宅配水ですが、利用を検討するにあたり懸念材料となるのはウォーターサーバーの維持費ではないでしょうか。維持費と言えば月々にかかる値段で、大まかに言えば「電気代」「ウォーターサーバーレンタル代・お水代」「メンテナンス代」の3つに分けられると思います。維持費についてお悩みの方の参考となるよう、次のように簡単にまとめてみました。

電気代について
電気代は、コンセントをつけたその日からかかる維持費です。ウォーターサーバーは冷蔵庫のように温度調節機能を保つためコンセントを抜く事ができない仕様です。コンセントを抜くと故障や雑菌発生の原因となるため、抜かないようにしましょう。電気代は電気ポットとほぼ同じと言われています。値段にすると約1000円前後で、省エネタイプのウォーターサーバーの場合もっと下がって約700円前後となるのが最近の主流のようです。

ウォーターサーバーレンタル・お水代について
ウォーターサーバーを利用する際、レンタルするか購入するか選ぶ事ができます。だいたいの宅配水会社では無料でレンタルを行ってくれています。一部有料でレンタルもありますのでご注意ください。そして、ウォーターサーバーのお水は飲めば飲むほどかかります。宅配水会社や水の種類によってお値段はさまざまですが、10リットルで1000円程度がお水の料金の目安です。ウォーターサーバーを有料でレンタルしている場合、無料で数リットルつけてくれる場合があります。また、水道水直結ウォーターサーバーを使用すれば水道料金と同じ価格で利用することが可能です。

メンテナンス代について
ウォーターサーバーは日々お手入れをすることも必要となります。と言っても、コック部分や水受け皿をアルコールで拭いたり、洗ったりすることだけでOKです。数か月で数百円程度の掃除用具費用だけで十分でしょう。また、他にもサーバー内のメンテナンスが必要となることがあります。こちらはレンタルしている水宅配会社によって値段がかかるか、かからないのかが変わりますので、レンタル制度を利用する際にはあらかじめ確認しておくことが重要です。

以上、簡単ではありますがウォーターサーバーの維持費については、軽く見積もると3000円以上5000円以下というようになります。お水代を除けば、維持費はほとんどかからないことがお分かりいただけたでは無いでしょうか。お水をスーパーで購入している方は、損をしているのか、損をしていないのかを含め維持費について確認し、ウォーターサーバーの利用を検討いただくことをおすすめします。

ウォーターサーバーはうるさい?導入予定の方の疑問点を徹底解消

落ち着いた生活を送るうえでは、自宅内に設置している家電の特性や静音性を確認することが大事と言えます。音というのは、自分自身が思っているよりも耳に入ってきたり気になったりするからです。安心できる自宅が、ストレスを溜める場となっては元も子もありませんよね。

ウォーターサーバーを愛用している私ですが、最近、同じような質問を受けます。「ウォーターサーバーうるさくないですか?」という内容です。この質問を受けるたびに、ウォーターサーバーの導入を検討している方が増えていると感じて、とても嬉しいです。しかし、同時に誤解されている事が多いと分かりますので、残念な気持ちになります。少しでも誤解を解く事ができるため、この疑問について解説を行いたいと思います。

まず、結論から言うとウォーターサーバーはうるさくありません。私の愛用しているウォーターサーバーは、とても静かです。キッチンに設置していますが、ウォーターサーバーの音を認識したことが無いくらいです。

私が神経質ではないだけかと思っていますか?ご安心ください。実際、ウォーターサーバーというのはほとんど音をならすシステムが組まれていません。ウォーターサーバーの温度設定を保つために動作する時のモーター音くらいだけだと思います。似たような音のイメージとして、冷蔵庫のブーンという音がありますが、ウォーターサーバーは小さい分、音も冷蔵庫より小さい音です。テレビもラジオも無い空間でなると気づく音ではありますが、すぐに消えますので問題の無い範囲と言えるでしょう。

他に音がなる機会と言えば、ガロンボトルタイプのウォーターサーバーを使用し水を入れている際に、ガロンボトルの中に空気が入り込む音、ボトルを入れ替える作業をする時の音くらいでは無いでしょうか。どちらも常時なるものでは無く、時々で数秒で終わるものですので心配しなくても良いと考えています。

モーター音が気になる場合には、モーター音がなりにくいタイプのウォーターサーバーを選んだり、壁や床に振動しないように保護マットなどを置いても良いかもしれません。ガロンボトルタイプの音やボトル入れ替え時の音が気になる場合でしたら、ウォーターサーバーはボトル設置式では無く、水道水直結型のウォーターサーバーを使用することを視野に入れてみてください。

そして、あまりにもうるさい音が出る場合には、ウォーターサーバー自体が不具合を起こしており発生させている音かもしれません。その場合にはウォーターサーバー会社に確認を行いましょう。また、最近では多くのウォーターサーバー会社が無料でウォーターサーバーをレンタルしてくれたり、ショースペースなどを設置し、公開しているところもありますので、そのような制度を利用して静音性を確認する事をおすすめいたします。

家のデザインに合うドリンクディスペンサーを見つけるコツ

ドリンクディスペンサーを導入する時にインテリアを気にするというのはよくある話だと思います。皆様がよく見かけるドリンクディスペンサーは、ホワイトグレーカラーのまるでオフィスに置いてあるかのようなボディカラーでは無いでしょうか。インテリアにこだわっている方からすれば、とても受け入れがたいデザインかもしれません。そもそもドリンクディスペンサーが一般家庭に普及し始めたのは、ここ最近のことで、以前はオフィスや銀行などに設置がされていたので、デザイン性が低いことは仕方のない事かもしれません。

しかし、最近はドリンクディスペンサーもどのような自宅にでも合うような多種多様のデザインをしたものが登場しています。お家の間取りやデザインにあわせて設置をする際の参考にしてください。まず「ディスペンサー本体のサイズ」に注目していきますと、細身のサイズおよび高さが低いサイズが登場しています。細身のサイズですと幅が27センチからあり、通常のサイズが35センチほどですので、5センチ以上小さくなっている事が分かります。高さが低いサイズは55センチほどのサイズから販売されているところが多いです。高さが低いサイズは「卓上タイプ」というタイプで、床の上にそのまま置くものではなく、カウンターやキッチン台にそのまま置ける仕様となっています。このようにディスペンサーの本体サイズが小さい低いものとなりますと、お部屋の間取りが少ない方や、物が多い方に向いていると言えます。ご自身のお部屋の間取りを考えて、ディスペンサー本体のサイズを決め、探してみることをおすすめします。

次に注目するのは「ディスペンサー本体のデザイン」です。先述したとおり、ディスペンサーのデザインは多種多様のものが登場しています。本体の形や、ボディカラーが主に変更されています。デザインとしては通常のような長方形のデザインでは無く、コーヒードリッパーのようなデザイン、床に触れる部分が椅子の足のようになっているデザインなどが特に有名です。ボディカラーはホワイトグレーでは無く、ショッキングピンクやイエローなど、ポップなカラーも登場し、若い女性の部屋にぴったりなイメージです。その他、落ち着いたシックなアースカラーを基調としたカラーも存在しています。また、アニメのキャラクターをモチーフとしたデザインも登場しているので、お子様がいるご家庭にはぴったりかもしれません。ご自身のインテリアにあったボディカラーがあるのか、まずは探してみると良いでしょう。

最後に、ディスペンサーを設置する場合、冷蔵庫や各家電と同じようにコンセントが必要となり、場合によっては壁から数センチほど離す必要があるなどの設置基準が存在します。こちらの設置基準は各水宅配会社の取り扱っているサーバーによって変わるものとなりますのでこちらもしっかりと確認することをお忘れなく。また、ディスペンサーの上には、ガロンボトルを設置するので、ガロンボトルの入れ替え作業に余裕がある天井なのか等も把握することが大事です。

見えないカビを飲んでいるかも?ウォーターサーバーにご注意

清潔さを保ことは、生きていくうえで不可欠です。清潔にしていれば、衛生的な環境で過ごすことができ、不快感や不衛生からなる病気とも無縁の生活を送る事ができます。特に日本人は、町中のお店にはアルコールスプレーが常備されたり、毎日お風呂に入る人が多いなど、より気を遣っているように感じます。

さて、より衛生面、健康を第一に考え、今ではウォーターサーバーを導入しているご家庭が多いかと思います。ウォーターサーバーを利用することによって、水道水に使用されている化学薬品などに心配を抱く必要は無くなります。いつでも何度でも、安全で美味しい水を安心して飲む事ができるのが、最大のメリットです。

しかし、そのウォーターサーバーですが、ある危険性が潜んでいることをご存知でしょうか。それは「カビ」です。カビと言えば、じめじめしたところを好み、梅雨になれば壁中に発生する事があります。それと同じカビが、今あなたが飲んでいるウォーターサーバーに発生しているのかもしれないのです。カビの危険性を無くすため、しっかりと手入れを行いましょう。

カビが発生しやすい個所は次のとおりです。「ウォーターボトル差し込み箇所」「コック部分」「水受け皿」となっています。まず、どれも必ずといって良いほど、水が出る、触れる箇所です。水が流れるところにはカビが発生しやすい。そう考えていると良いでしょう。コック部分や、水受け皿に関しては、お湯を入れようとしたコーヒー、哺乳瓶、カップめんなどの汁や粉などが付着しやすい場所となり、カビの他に雑菌なども繁殖しやすく不衛生になりやすい部分です。また、ウォーターボトルの差し込み箇所が汚れてしまうと、ウォーターボトルの中にカビが侵入し、カビを飲んでしまうという恐ろしい事態を招く原因となります。

カビ対策としては、しっかりと手入れを行うことが大事です。先ほどあげた3か所のうちウォーターボトル差し込み箇所以外は1日1回、アルコールでふき取ることが大事です。水受け皿は、大体のウォーターサーバーが取り外し可能となっていますので、取り外してキッチンで洗剤を利用し洗うと良いでしょう。ウォーターボトルは、ボトルの入れ替え時に同じように掃除をすることが無難です。そして、ウォーターサーバーを設置する場所も、カビが発生しないように意識して置くことも重要です。湿気が多い場所や、逆に日中温度が上がりそうな場所は、ウォーターサーバーおよび水自体に影響を与えるので避けた方が良いでしょう。

最後に、ウォーターサーバー内にもカビが発生することがあることを覚えておいてください。エアコンがカビ臭くなるのと同じものですね。こちらは私たち消費者が手入れすることは難しいものとなりますので、定期的に水宅配会社にメンテナンスを依頼することが大事となります。安心安全な水を飲むために、利用しているウォーターサーバーが健康を害しては元も子もありませんので、しっかりと手入れを行いましょう。

水を買う?レンタルする?ウォーターサーバー導入のメリット

ウォーターサーバーってどのくらいメリットがあるのか、そう考えると答えが出にくいものです。既に導入している方にとってはメリットだらけで、導入を検討している方にとってはそれはメリットなのか悩ましいことだと思うからです。水はスーパーなどで買った方がいいのか、ウォーターサーバーをレンタルして買った方が良いのか、まとめてみました。

ウォーターサーバーを導入することにあたり、メリットとそれに対するデメリット、また捕捉について一緒に説明をしたいと思います。

①スーパーへペットボトルのミネラルウォーターを買いに行かなくてもすむ。
重いペットボトルを買いに行かなくても、ウォーターサーバーを利用していれば、水宅配会社が自宅まで水を運んでくれます。ただし、水を注文する手間や、水宅配会社の都合が悪ければすぐに水が手に入るというわけではありません。また、スーパーが近くにあり買いに行く事が苦では無い方にはメリットには感じられないでしょう。また、値段で関して言えば、スーパーでは特売などもしていますので、スーパーで買った時の方が安い事も多いと言えます。

②いつでも冷たい水、熱いお湯を飲む事ができる
ウォーターサーバーはコックをひねると冷たい水、熱いお湯が出てくる機械です。冷水機とポットが一緒になった機械のようですね。飲みたい時にさっと飲みたい物が飲めるというのはとても有難いです。これがウォーターサーバーの一番のメリットと言えるでしょう。電気代にしてもウォーターサーバーは、ほぼポットと同じ電気代しかかかりませんので、ポットを利用しているのであればウォーターサーバーを導入するにあたり恩恵は強そうです。しかし、冷蔵庫にいつでも飲料水を常備している方、冷たい水や熱いお湯を利用して飲み物を飲む事が無い方にとってはメリットとは言えないでしょう。

③信頼性のある水、美味しい水が飲める
ウォーターサーバーは、スーパーでは売っていない水を飲む事ができるというメリットがあります。水の種類としては天然水、ピュアウォーター、ナチュラルピュアウォーターなどがありますが、やはり厳選された天然水を飲んでみたいと思う事があるでしょう。水宅配会社の中には世界遺産に登録された富士山を源泉とするお水や、北海道や沖縄の海から採取された海洋深層水などを取り扱っているところがあります。

しかし、水道水から出るお水もきちんと管理がされているので、飲んでも美味しいまた安全な水と言えます。注意点としては、住んでいる地区の水道管が錆びついていたり、不衛生の場合には飲むお水に多少の影響を与えることがあるという点です。気になる方にとっては、水道水ではなく、ウォーターサーバーを利用するのが良いかもしれません。

メリットと考える点を3点あげましたが、お水に対して利便性を求めない、味などを求めないといった方にとってはウォーターサーバーはやはり不要と言えるでしょう。しかし、3点に関してメリットと思われた場合には、ウォーターサーバーの導入をご検討いただきたいものです。

ボトルも種類が豊富!ウォーターサーバ初心者へ伝えたいこと

最近はデザインに凝った商品が多く発売されている印象です。グッドデザイン賞や、ユニバーサルデザインという言葉があるように、デザインというものは、製品の機能をより向上させ、人々の暮らしにゆとりと楽しみを与えてくれるものと感じています。

デザインと言えば、日々私たちの生活の利便性を高めている機械、ウォーターサーバーもデザイン力が高い製品だと言えるでしょう。初めてウォーターサーバーを選ぶときにはサーバーやボトル、お水の種類がいっぱいあって悩む事が多いかと思います。ぜひ次の事を参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの種類について
ウォーターサーバーには床上設置型と卓上設置型の2つがあります。前者が、床の上に直接置くタイプで、後者が机の上やキッチンカウンターの上などに置くタイプです。大きさでいえば前者が縦も横も背も高いものとなります。後者は比較的小さめで、小型テレビくらいの大きさやコーヒードリッパーくらいの大きさだったり様々です。手で持ち上げられるほど軽量なのも特徴です。ウォーターサーバーが出た当初は、無骨なシロモノというイメージでしたが、両タイプとも一般家庭でも使用しやすいよう、見た目が可愛くなったり、通常の家電と変わらないサイズになるなど、デザイン面で改善が見られます。

ボトルの種類について
こちらも主に2つのボトルが存在します。ガロンボトルとワンウェイボトルというものです。一般的にはガロンボトルというものが使用されています。違いは、前者が繰り返し使用できるボトルとなり、後者が1回で使い捨てをするタイプとなります。最近では消毒されていると言っても衛生面が気になる方が多いようで、ワンウェイボトルの方が徐々に普及してきています。また、ガロンボトルは業者が引き取りに来るまで保存しておかなければならないので、少々邪魔になってしまいます。その点、ワンウェイボトルであれば捨てる事ができるのが好まれているようです。

ただし、使い捨ての分、ワンウェイボトルの方がガロンボトルより価格が高めに設定されていますのでコストを気にするのであれば、ガロンボトルが良いと言えるでしょう。水宅配会社によっては、独自のボトルを使用しているところがあります。たとえば、つぶせるタイプのボトルだったり、折りたためるタイプのボトルなどがあります。使用中だけでは無く、使用後の事も考えて利用する水宅配会社を選んでも良いかもしれませんね。

このように、ウォーターサーバーの種類や、ボトルの種類が分かれています。ボトルも次々と新しい種類が出ているというところが驚きですよね。ワンウェイボトルよりもっと便利なボトルが出るのか、今から楽しみなところがあります。初めてウォーターサーバーを導入する時には、利用したいボトルによって水宅配会社を決めることも選択肢の1つと言えるでしょう。

硬水と軟水はどちらがいい?水宅配を頼む時に検討するポイント

宅配水を頼む時、何を基準にして選んでいますでしょうか?お水のお値段が安いだとか、ウォーターディスペンサーのデザインが良いだとか、色々基準はあると思います。しかし、一番初めに選択肢の1つとして重視することは、水の種類ではないでしょうか。

実はお水の種類は大きく分けて2つに分かれているんです。「軟水」「硬水」というタイプに分かれています。どのように違いがあるのかと言うと、簡単に言えば含まれている成分や、味などが異なってきます。名前のとおり、軟水の場合でいえば「軟らかくて飲みやすい」といったことで有名です。また、日本の水はおおむね軟水と言われており、硬水よりかは日本人の口に合う事でしょう。

また、それぞれの水は次のような特徴もあります。料理に合う水としても軟水は有名です。ミネラルが少なく素材本来の味をそのまま引き出してくれます。特に、だしやうま味を味の基本とする和食には最適となっています。お米を炊く時などにも利用していただきたいです。いつものご飯が、より美味しいお米に感じることでしょう。

硬水は軟水とは逆に、ミネラルが多く含まれています。代表的なミネラル、マグネシウムは便秘に作用すると言われており、美容雑誌などでもよく取り上げられますね。酸化マグネシウムなど、便秘で悩む方は病院で処方されたりしているので、信ぴょう性は高いと言えます。また、皮膚の新陳代謝を行う亜鉛やビタミン類も含まれていますので、美容を気にする方は硬水を積極的に摂取することもおすすめです。

しかし、小さなお子様がおられる場合、胃腸など内臓器官が弱い方の場合ですと、硬水はおすすめできません。ミネラル分が多く含まれているため、身体に負担がかかると言われています。また、同様に犬や猫などのペットに対しても、ミネラル分の過剰摂取は良くないものですので、硬水は与えない方がベターです。

以上のように、お水の種類によって成分や性質が異なるため、ご利用の用途や、ご自身の体調などによってメリットやデメリットが大きく異なってきます。ほとんどの水宅配会社では両方の水を商品として扱っていますので、ご家庭や体調などにあわせて選ぶのが良いと言えるでしょう。また、大きいウォーターディスペンサーは軟水用として、小さいウォーターディスペンサーは硬水用として分けて使用するのも賢い使い方となりそうです。

更に美味しい水に出会おう!宅配水会社の乗り換えを勧める理由

他社から乗り換えるとお値段がお安くなります。携帯会社はそのようにうたって、他会社からの乗り換えを進めていますね。実際他社から乗り換えると、いくらかキャッシュバックされることもあるので、消費者としては得した気分になります。今回おすすめさせてもらうのは、宅配水会社も乗り換えをしよう、ということです。その理由をあわせてご紹介させていただきます。

今はどのような宅配水を飲用していますでしょうか。ウォーターサーバーは経済的だからと、とくに理由もなく近場で見つけた宅配水を飲んでいたりしませんか?ウォーターサーバーは確かに経済的です。しかし、今よりもっと経済的で美味しいお水を飲める可能性があるのであれば、試してみたくはならないでしょうか。

水宅配会社は需要に合わせて、どんどん数を増やしています。大手から小さいところまでその数は30社をゆうに超えています。地方の会社もあわせると更に大きな数になります。また、扱っている「お水」の種類も様々で100種類もの飲料水が存在しています。お水の種類は「硬水」や「軟水」、それに「天然水」なのか「純水」なのかといったことにはじまり、お水の採水地でもブランドが作られています。聞こえは悪いですが、「都会で美味しく作られた水」より「北海道の山々から採れる恵みの水」の方が美味しそうな印象ですよね。ただなんとなくで頼んでいる水より、より美味しそうな水を見つけていただき、飲用していただきたいと思います。

そして、先ほど述べたように、お水の種類は沢山あります。個人個人で味覚が異なるように、すべてのお水が同じ味とは限らないのです。何種類か違うお水を頼んでみて、自分の味覚や体調にぴったりのお水を選ぶ事をおすすめいたします。

もう1つ乗り換えをおすすめする理由として、キャンペーンやイベントなどが存在します。はじめに述べた携帯会社のキャッシュバックも、キャッシュバックキャンペーンとして実施されていますね。水宅配会社も多くは何らかのイベントを開催しています。新規の方に限りお水が無料になるキャンペーンも行っているところがあるので、お試しで飲んでみるにはとても向いているキャンペーンですね。経済的にも助かる内容です。

最後に、乗り換えを行う際の注意点ですが、契約状況や注文状況によってすぐに解約ができない場合だったり、解約金が必要となることがあります。乗り換えを行う前に、まず現在契約している水宅配会社の留意点や契約書を見直してから、乗り換えの検討を開始してください。

ウォーターサーバーを置いてもインテリアは壊れない!

近頃は、海外の大手家具会社が身近にできはじめ、安価にインテリア家具を購入できる時代になりましたね。国内の家具会社や100円均一などでも手ごろな値段で購入できるインテリア小物を増やしているので、インテリアにこだわる方には嬉しいことですよね。

さて、インテリアにこだわる方がウォーターサーバーの導入を検討するときに部屋のイメージと合わずに諦めてしまうことが多いかと思います。ここでおすすめのウォーターサーバーの選び方、インテリアが壊れないウォーターサーバーについてをご紹介させていただきます。

ウォーターサーバーといえば、白くて大きくて少しやぼったいイメージですよね。また、サーバーの上部にはガロンボトルがずっしりと置いてあり重苦しい雰囲気を受けます。広々としたアメリカンなご家庭ならぴったりかもしれませんが、アンティーク調のお部屋、和風のお部屋には少し不釣り合いですね。しかし、ここで諦めてはいけません。なんと、ウォーターサーバーの時代は変わりつつあり、オシャレなウォーターサーバー、キュートなウォーターサーバーが増えてきているのです。

色がカラフルなウォーターサーバー!ウォーターサーバーを取り扱う会社が増えてきている事もあり、そのウォーターサーバーも独自の進化を遂げてきています。通常ホワイトカラーのボディをしていることが多いウォーターサーバーですが、女性に嬉しいピンクやイエローなどのパステルカラー。書斎にぴったりのブラックやアイボリーなどのアースカラーをしたウォーターサーバーがあるのです。これならお部屋のカラーにあわせてぴったりのウォーターサーバーが選べることができますね。また、一部の会社ではアニメのキャラクターものを取り扱っているところもあります。お子様に喜ばれそうです。

また、色の他にも形状も種類があります。ウォーターサーバーは四角の形をしているのが一般的ですが、それが丸い形だったり、脚の部分が三脚になっていたり、サーバー自体が丸みを帯びているというタイプも出てきています。まるでコーヒードリッパーのようなスタイリッシュさです。これらの良いところは、見た目にも気を遣っているからか、ほとんどのタイプで水のボトルが見えない状態になっています。カバーがかぶせてあったりするので、よりお部屋のイメージを損ないません。

他にもウォーターサーバーには、床上設置タイプと卓上型タイプの2種類から選べますので、こちらも考慮し、好きなデザインを選んでみるのも良いでしょう。キッチンのカウンターに置いておけばキッチン用品としてキッチンのイメージアップに繋がるかもしれません。色々あるウォーターサーバーのデザインですが、いざ置いてみると、意外とマッチしてウォーターサーバーもインテリア家具の1つになるかもしれませんね。お部屋にぴったり合うウォーターサーバーに出会えることを祈っております。